リースと購入のメリット・デメリット

copy

設備投資をしたい法人においてリース債務と購入どちらにしようか、迷っているところは多いでしょう。

リースのメリットは、いくつかあります。1つは設備投資の際に大量の資金がかからない点です。リース取引は前もって頭金を支払うなどのことをしなくても、毎月のリース料で分割で支払うことができるため、初期投資が抑えられます。リース取引の際には審査を受ける必要がありますが、担保を取られることもないため、スムーズに資金調達することができます。

次に、事務管理の簡便さです。リース資産の所有権はリース会社にあるため、固定資産税の計算や減価償却などの申告、保険の設定などもリース会社がやってくれるので、それに関する事務手続きは軽減されます。

リースの最大のメリットは、オフバランス効果にあります。オフバランスとは、貸借対照表から切り離すことを言います。企業の収益を見る数値として、BOAがあります。BOAは当期純利益を総資産で割って出された数値ですが、オフバランスをすると、総資産の中にリース資産を含めなくて済むため、BOAの数値が上がります。それにより、投資家や株式市場での評価が上がるというメリットがあります。ただ、残念なことに、平成20年以降、中小企業以外ではオフバランスできるリース資産がかなり限定されてしまいました。そのため、オフバランス効果のためにリースを利用することは大企業に限ればうまみが減った形になっています。

購入のメリットは、1度購入してしまえば購入代金しかかからない点です。確かに購入する場合、初期投資はかなりかかることになりますし、リースにすると、確かに短期間では購入するよりも費用面では抑えられます。しかし、長期間で見ると、リース代金やその金利などが毎月かかるため、割高になってしまいます。購入してしまえばそのお金はかかりません。当然、固定資産税の計算や減価償却、保険の設定、固定資産台帳の作成や定期的な棚卸などの事務手続きは大変ですが、そのあたりのオペレーションさえきっちりしておけば問題ありません。

リースにすべきか、設備の購入をすべきか。その判断基準は、会社に十分な運転資金があるかどうかです。リースのメリットは初期投資を抑えながら設備投資を行うことができる点にあります。つまり、運転資金が乏しくても、ある期間までの資金さえ確保してあれば設備の導入は可能です。裏を返せば、購入によって設備導入をすると運転資金が足らなくなることを意味しています。もし潤沢に運転資金があるのなら、購入してしまえば後々の手間はかかるにせよ、費用面だけ見れば安上がりです。運転資金の状況によってリースと購入のどちらにするか選択することをおすすめします。

費用面だけではなく、その設備をいつまで使うかもリースか購入かの選択には大きく関わってきます。例えば、新たなビジネスを立ち上げた場合などは長期的な見通しより、ビジネス立ち上げによる準備が優先されます。結果的に長期間やることになるにせよ、立ち上げた時はその見通しが立ってるとは限りません。そういった場合はリースがいいでしょう。一方、長年やってるビジネスで設備を一新したい場合などはすでに長期的な見通しに立って企業活動を行っているのですから、先ほどのケースより使用年数は増える可能性が高いです。そういう場合は購入した方がお得です。

設備投資を行うにあたり、どういう名目で設備投資を行うか、その際に運転資金はどれくらいあるのか、ここらへんが重要になります。短期間の見通ししか立てていないのならリース、運転資金が豊富にあるのなら設備の購入など、状況によってどちらが良いかは分かれます。

法人においてリースと購入はどちらが良いのか?

industry

もし、あなたの会社が社用車やコピー機などのオフィス機器、製造機械など高額なものを購入しようとお考えならば。その前に今からお伝えすることを、ぜひ頭に入れておいてください。

こういった高額なものを購入する場合。
当然ながら購入費用が必要となります。

その購入資金を調達するために、どのようなことをしなければいけないのか。
ほとんどの場合、銀行からその資金を調達することになります。
また、手元の資金を使うことになるでしょう。
いずれにしても、最初に多額の初期投資が必要となります。

そうなると、購入した際には手元のキャッシュが減ることになります。
これは企業にとっては大きな痛手です。

法人でキャッシュは血液と同じ意味があります。
人間でも、血液が滞ると血栓となり、病気になってしまいますよね。
これが脳にできてしまうと、一発であの世行きです。

会社も同じこと。
いくら黒字でも、手元にあるキャッシュが滞ると、支払いができずに会社は不健康になります。
さらに悪化すると、倒産という形であの世行きとなります。

キャッシュは無くなれば死んでしまう、節約はそれだけ大きな意味があるのです。
キャッシュを手元に残すことが、法人においては健全な経営とも言えるでしょう。

しかし、高額なものは必要。
だったらどうすればいいのか?

そこで登場するのが「リース」です。
リースとは、リース会社が購入したものを長期にわたって賃貸することです。
リースにするメリットとしては以下の様なことがあげられます。

多額の初期投資が不要となる
月々の分割となるため、最初に大きなお金を用意する必要がありません

金利変動のリスクから逃れられる
金融機関からお金を借りた場合、変動金利にすると金利変動がありますが、リースは毎月固定なのでリスクがありません

金融機関の借入金枠を使わない
金融機関も一社に貸せる枠があります
リースはこの枠に抵触することがないため、金融機関からの借り入れは別の経費にあてることができます

新しい機器を使える
機器はどうしても古くなり、長期にわたっての活用が困難になることもあります
リースだと、期間が終了すれば次に新しいものを取り入れることができます

設備管理費が不要
リース代金の中には、メンテナンス費用などが含まれているものが多いです
特に車などは、車検や点検費用なども含まれるため、突発的な経費の削減にもつながります

固定資産税が不要
高額機器になると、固定資産とみなされて固定資産税がかかります
しかし、リースであれば固定資産税はリース会社が支払いますので、それが不要となります

必要経費の予算が立てやすい
上記のメンテナンス費用にもつながりますが、突発的な故障などによる予定外の費用が不要となります
そのため、必要経費の予算が立てやすくなります

他にもメリットはたくさんありまあす。
総合的に見て、キャッシュを節約することにつながるのです。
特に、突発的にかかる費用や、税金のようにその月だけかかるような費用が不要となるのです。
売上や利益が上がらないのに、こういった費用でキャッシュが減らされると、企業にとっても大損失となります。

キャッシュは血液と同じ。
血液は無くなれば死んでしまう、節約は法人においては必要不可欠なことです。
だからこそ、リースにすることで現金を節約し、企業の命を守ることにもつながるのです。

こういった理由から社用車や機械はリースがお得だといえます。
今、会社で高額なものを購入しようとお考えの方、もう一度よく検討してみましょう。
何度もお伝えしますが、キャッシュは無くなれば死んでしまう、節約は企業においては必要不可欠なこと。
その節約をどこで行うのか。
それをよくお考えください。

日本で無借金経営をしている企業法人

corp

メインバンクを持たず、優良企業として、法人にも銀行から一切借入を行わない無借金経営をしているところがあります。無借金経営は、銀行や信用金庫等の金融機関からの借入、社債などの資金調達に一切頼ることなく、資本金に代表される自己資金や内部留保で経営を進めていくことを指します。無借金経営の1つとして、名古屋式経営というものがあります。いわゆる石橋を叩いて渡る慎重さを売りとした経営をいい、特定の地域に根差し、他の地域への進出を極力しないやり方を名古屋式経営と表現していました。

銀行からの借入に頼らず、自己資金で行い、利益を内部留保し、次の出店のために蓄えておくやり方は、会社の存続と確実な利益を第一とした経営方針として評価されています。この名古屋式経営で大変有名なのがトヨタ自動車です。トヨタ自動車は1950年、経営危機を迎え、その時の教訓から販売網の強化やカイゼンに代表されるトヨタ生産方式の確立などで拡大をし、世界に代表する無借金経営の会社です。

以前まで無借金経営をしていた法人で有名だったのがカルピスです。乳製品飲料として戦前から愛用され、平成に入ってからも人気だったカルピスですが、カルピス以外の商品が伸び悩んだことから、将来的な展望を鑑み、味の素のグループ傘下に入りました。実質自ら傘下に入っていった形で、直後に大ヒットとなったカルピスウォーターをその前に出していたら、今でもカルピスは単独企業として無借金経営をしていたかもしれません。

借金しているものの、内部留保が借金を上回る実質無借金経営というカテゴリーもあります。2012年度では企業全体の過半数が実質無借金経営の状態となり過去最多となりました。2008年に発生したリーマンショック以降、株などの投資ではなく、内部留保をためておくことで不測の事態に備えるという企業側の心理が働いた結果とも言われています。無借金経営をする頑強な法人の特徴としてあげられるのは、こうした堅実さにあります。

リーマンショックがあったから不測の事態に備えるようになった企業が多くなりましたが、無借金経営をしている法人はその何十年も前から堅実的な経営を目指しています。日本ではリーマンショック以前にそれ以上の経済的な打撃を受けています。いわゆるバブル崩壊です。企業の多くがバブル経済の時に拡大路線を推し進め、世界中の土地やビルを買収したり、新規参入するなど様々なことをしていました。銀行もどんどんお金を貸してくれ、それに合わせて会社側もお金を借りていましたが、バブル経済が崩壊すると、その借金に企業側は苦しめられ、2000年を前後して、金をたくさん貸していた銀行、借りていた会社側が破たんや倒産を繰り返すなど、大変な混乱を生みました。そんな中でも無借金経営をしていた企業はダメージを最小限に食い止め、他の企業が足踏みをする中、確実に売り上げを積み上げていきました。

無借金経営の大事なところは、儲けに走らない姿勢とリスクをしっかり見極める読みにあります。任天堂は実質無借金経営の状態ですが、ここ最近はヒット作に恵まれず大変でしたが、リストラもせず、じっと耐え、最近ようやくヒット商品が出てきました。これは大量の内部留保がなければできません。無借金経営は身の丈に合った経営をすることによって成り立ち、能力を超えた経営をすると、うまくいかなかったときにリストラや合併などをしなくてはいけなくなります。新規に立ち上げる際から無借金経営というのは難しいでしょう。ですが、いずれそれを返し、完済した時から無借金経営を貫くことはできます。自然に無借金経営ができているところは経済の荒波がまた直撃しても立ち直りもまた早いといえます。

中小零細起業のコンサルタントをしていて思うこと

中小零細起業の場合には資本が少ない場合が多いため、なかなか思い切った投資が出来ないという悩みがあるようです。担当している企業の社長さんによくある話なのですが、利益がある程度大きくなってくると追加設備を投じて回転率を上げる必要が生じてくると考えられますが、その設備投資のタイミングが読めずに受けた発注をこなすのが苦しくなって来ることが良くあり、その為の資金を慌てて調達しようとしてもその資金がなかなか集まらずにさらにタイミングを逃してしまうということが良くあります。そのため資金の取り回しになかなか苦労しているようですが、売り上げや利益の少ない企業においてはなかなか資金をタイミングよく集めるのは難しいものです。

このような事態を回避するには予め長期的な設備投資計画を立てて、その通りに進めるのが一番です。私たちコンサルタントも基本的にはそのような中長期的な計画を立てることをおすすめしています。しかし、実際には計画通りの利益が有って初めてこの様な計画が成り立つものです。大企業のように様々な事業を展開しているところであれば一つの事業が予算通り進まなくても他の事業で補うことができトータルとしての資金調達や投資の計画は比較的守られるため大きな影響はないことが多いのですが、中小零細起業の場合は単一の事業のみを行っていることが多く、またその計画も非常にぎりぎりの計画であることが多いため、なかなか計画通りの資金調達を行うことは非常に難しいという実態が有ります。

その為、中小企業の場合には資金調達などになかなか苦労しているようですが、そのような事態を回避するために注意してほしいことが有ります。それは、運転資金、設備投資の為の現金調達をする際に、必要以上に資金を調達しないことです。現金を持っていると安心ですが、企業の場合には帳簿上の収支と実際の現金の流れは全く異なって管理されています。そして法人税などの課税はあくまでも帳簿上の収支に対して行われるものです。もちろんその両者に食い違いが有ってはならないのですが、実際の資金の流れと帳簿上の資金の流れは異なることが多く、その時期によっては課税額が大きく異なるので注意が必要です。すなわち、売り上げを計上する時期を調整することで課税のタイミングを調整することができるのです。これは実際の課税額が変わるということではなくの納税する時期が変わるということですが、手元に残る資金が増えるかどうかは運転資金、設備投資の為の現金調達において大きな影響を及ぼすものなのです。

中小零細起業の場合、資金の取りまわしになかなか苦労しているようですが、しっかりと現金の流れと帳簿上のお金の流れを関連付けて管理することで比較的容易に行えるようになります。逆に帳簿上のお金の流れと実際の現金の流れをしっかりと管理しておかないと現金が必要な時に使用出来ないという事態が発生します。日本の会社に於いては帳簿上の売り上げは納品時に行われますが、実際の現金は後日といったケースが非常に多いので注意が必要です。

上司の還暦祝いに送りたいプレゼント5選

お世話になっている上司が還暦を迎える際には、心のこもったプレゼントをしたいものです。しかし、実際に考えてみるといったい何をプレゼントしたら良いか分からないものです。特に注意したいのは、プレゼントのNGです。例えば靴や靴下は、相手を踏みつけることを連想するので、不適切です。また文房具やカバンなども、相手に勤勉に働いてくださいという意味合いを持つため良くありません。では、喜ばれる適したプレゼントとは、どんなものなのでしょうか。
男女とも喜ばれるのは、花束やプリザーブドフラワーなどです。プリザーブドフラワーは多少高価になりますが、職場の仲間で合わせてプレゼントするには最適です。定番かもしれませんが、一番気持ちが伝わります。
似顔絵ポエムはオリジナリティーがあり、気持ちが伝わるアイテムです。日頃の気持ちをポエムに乗せて、また今後の健康をメッセージにするのも良いです。それから、お酒が好きな上司であれば、グラスやボトルに名前を入れたり、お酒を飲まない上司にはマグカップや湯飲みなどを贈ると、忘れられない記念の贈り物になります。日常的にも使いやすいところがポイントです。また、上司の趣味がハッキリと分かっている場合は、それに関連したものを贈るのも手です。しかし、趣味のものは、こだわりが強いものもあるので注意が必要です。最後に、どうしても良いものが浮かばない場合は、タオルなどの日用品でも、ブランドにこだわりがあるものなどを選べば、喜んでもらえるでしょう。

↑ PAGE TOP